対戦相手棄権、錦織圭ベスト16入り

テニスの4大大会、グランドスラムである「全仏オープン」(フランス/パリ、レッドクレー)が開催されている。
今回、4大大会の初優勝を狙う、第5シードの錦織圭とドイツのB・ベッカーの、男子シングルス3回戦が大会6日目の29日に行われる予定だったんだが、ベッカーは右肩の怪我によって、試合の棄権を申し入れた。これによって、錦織圭は思わぬ形で、2年ぶりのベスト16の進出を決めた。
錦織圭は自身のフェイスブックで、「ベンジャミン(ベッカー)の負傷を聞いて、とても残念。彼の一日も早い回復を願っています。」と、綴った。33歳のベッカーは、2回戦で第32シードのスペインのF・ベルダスコを6-4、 0-6、 1-6、7-5、10-8という、大接戦の末に下し、錦織圭との3回戦へ駒を進めていた。
錦織圭は、今大会初のベスト8進出をかけて、4回戦でチェコのL・ロソル又は、ロシアのT・ガバシュビリのどちらかの勝者と対戦することになっている。
今大会、錦織は1回戦でフランスのP・H・マチュー、2回戦でブラジルのT・ベルッチにいずれもストレートで勝利をし、3回戦への進出を決めていた。